内蔵脂肪を落とすことで生活習慣病を予防できる|様々なサプリがある

男性に特に多い

ウエスト

脂肪の種類

脂肪は大きく分けて内臓脂肪と皮下脂肪があります。内臓脂肪は男性につきやすく、脂っこい食事や運動不足が原因になります。また血管や肝臓などの臓器の周りに油がつくと動脈硬化や脂肪肝の原因となるため早期に対策が必要です。一方皮下脂肪は女性につきやすく落とすことが難しい脂肪です。皮下脂肪はエネルギー源として貯蔵されているため減らし過ぎると様々な不調が知られています。男性であれば皮下脂肪を落とすと腹筋が割れるくらいで済みますが、女性の場合女性ホルモンのバランスが崩れたり体調不良を起こしやすくなります。皮下脂肪は閉経後の女性では若いころに合ったエストロゲンなどの作用がかなり落ちるため若いころより溜まり易くなります。

やっぱり運動が大切

皮下脂肪はエネルギー貯蔵なので摂取カロリーが不足するとそこから使われていきます。内臓脂肪は一時的な保存であるためつきやすく、落としやすい脂肪となります。内臓脂肪を落とす方法は簡単で筋肉をつけることと運動をすることです。皮下脂肪と異なり摂取カロリーを抑えるだけで落とすことは難しいです。内臓脂肪は食事の影響を良く受けます。脂っこい食事は内臓脂肪レベルを高めます。また生体内の脂質はほとんどが肝臓で作られるため、お酒の飲み過ぎなどにより肝機能が低下すると内臓脂肪がつきやすくなります。体重を落とすことも大切ですが、まずは生活習慣の見直しを行う必要があります。また脂肪吸引などの外科的な方法は一般的には行われません。