内蔵脂肪を落とすことで生活習慣病を予防できる|様々なサプリがある

生活習慣病予防のために

サプリ

重篤な疾患につながる懸念

生活習慣病の一つとして、メタボリックシンドロームが挙げられます。特に近年では食生活の乱れや運動不足から肥満傾向にあります。そのため、内臓脂肪を落とすための健康食品がテレビCMでも取り上げられるようになりました。サプリメントや飲料など、様々な商品が販売されています。どうして内臓脂肪を落とすことが重要かというと、内臓脂肪が重篤な疾患を引き起こす可能性があるためです。内臓脂肪はその名の通り、内臓に溜まってしまう中性脂肪のことです。特に中性脂肪は肝臓で生成されるため、肝臓は内臓脂肪が溜まりやすく脂肪肝を引き起こす可能性があります。また、肝機能障害が起きると血液がドロドロになり、動脈硬化も懸念されるのです。既に付いてしまった内臓脂肪を落とすには、食事と運動のバランスが大切です。プラスして、脂肪燃焼を促すサプリメントを取り入れても良いでしょう。

サプリメントの利用

内臓脂肪を落とすサプリメントとしては、ラクトフェリンやDHA・EPAが注目されています。ラクトフェリンは母乳に含まれる多機能タンパク質で、内臓脂肪を落とす効果が確認されています。ラクトフェリンの働きとしては、中性脂肪を覆っているぺリリピンという成分の生成を抑制する効果があります。ぺリリピンは脂肪分解酵素の攻撃を受けにくくする働きがあるため、ぺリリピンが抑制されれば脂肪分解が促進されるわけです。一方、DHA・EPAは青魚に豊富に含まれることで広く知られていますが、内臓脂肪を減らす効果もあるのです。肉類などの動物性の脂に含まれる飽和脂肪酸は肥満になりやすいですが、魚に含まれる不飽和脂肪酸は中性脂肪をコントロールする働きがあります。また、脂肪分解酵素であるリパーゼの働きを促進する効果もあります。ラクトフェリンの効果は臨床実験で確認されており、DHA・EPAは特定保健用食品として認められている栄養素です。普段の食事や運動を補うためには有効と言えます。

体の内側から燃やそう

肥満女性

内臓脂肪を落とすために効果的なサプリメントですが、選ぶ際にはまず、味や形状、価格を比較します。また、+αの成分が入っていると尚良いです。他に、自分に合ったものを選ぶことが大切で、飲むタイミングは食前がおすすめです。

More Detail

体の中からスリムに

女性

オルニチンには肝機能向上以外に代謝を上げて内臓脂肪を落とす働きがあるのでメタボ対策に有効です。就寝前か運動前に飲むのが効果的です。その運動も有酸素運動とマシントレーニングを組み合わせて続けると効果が実感できるようになります。

More Detail

男性に特に多い

ウエスト

内臓脂肪を落とすには運動と食事改善が大切である。内臓脂肪はつきやすく燃えやすいため、効果が実感でき易いです。脂っこい食事を控え、適度な運動が大切になってきます。脂肪吸引などの外科的な処置はできないため自分で頑張るしかないです。

More Detail